304-200: LPI 304 Virtualization and High Availability Exam 資格問題集 - LPIC - 3 問題集

価格:¥ 6000

  • 試験問題 108 問

Try a FREE demo of this exam.

試験を試す(無料)
対応資格LPICレベル3「Specialty」

試験概要:

LPICレベル3は、「エンタープライズレベルでの仕事が出来る技術者」を認定する資格試験です。
LPI 304 Virtualization & High Availabilityでは、以下のような、Linuxを使ってエンタープライズレベルの大規模システム構築やコンサルティングができる。
■ 仮想化の概念と技術を理解し、Linux/OSSを使って仮想化システムを構築、運用する専門家であることを証明できる。
■ 負荷分散、クラスタ管理、クラスタストレージなどの高可用性のための技術をLinux/OSSを使って構築、運用できる能力を証明できる。
LPI 304 Virtualization & High Availabilityに認定された方は、LinuxとOSSによる仮想化と高可用性技術についての知識を持ち、
仮想化システムや高信頼性システムを構築、運用できるエンジニアとして評価されます。

試験時間
90分
問題数
60問
合格点
500点


受験の申し込みは、Pearson VUE から

試験 304-200: LPI 304 Virtualization & High Availability Examで評価されるスキル:

330: 仮想化
   330.1 仮想化の概念と理論:8
   330.2 Xen:9
   330.3 KVM:9
   330.4 その他の仮想化ソリューション:3
   330.5 Libvirt と関連ツール:5
   330.6 クラウド関連ツール:2
334: 高可用クラスタ管理
   334.1 高可用性の概念と理論:5
   334.2 ロードバランスクラスタ:6
   334.3 フェイルオーバークラスタ:6
   334.4 エンタープライズ Linux ディストリビューションにおける高可用性:1
335: 高可用クラスタストレージ
   335.1 DRBD / cLVM:3
   335.2 クラスタファイルシステム:3

詳細は、こちら:
http://www.lpi.or.jp/doc/20151001-304.pdf

...
5 Stars 黒本だけで合格できますが保険ですね。
2017/11/03 19:24:54 304-200資格問題集 - LPIC - 3問題集
【受験日】
11/3

【取得点】
740

【受験回数】
1回

【学習・勉強期間】
2か月

【参考にしたテキスト/Webサイト】
ping-tの合格体験記

【学習・対策方法(独学? 講座やスクール?)】
・クラム問題集
・黒本の総仕上げ問題2回分

【試験の感想】
試験中に合格を確信しました。黒本だけで合格できます。